水配送パイプライン、ポンピング、貯蔵

より賢明な貯水方法と水配送

NEOMの水配送には、約600kmの大型直径(DN700~DN2,200)の炭素鋼管パイプ、関連バルブ、備品、ユーティリティ、パイプラインの排水路が必要です。2024年末までに、ポンプ場が最大で20ヵ所発注され、納品される予定であり、総貯水容量6,000,000m3の大型貯水器6ヵ所(その他の大容量貯水タンクも含む)が今後4年間で納品されます。すべての水資産はスマート化され、リアルタイム(または、ほぼリアルタイム)でモニタリングおよび管理されます。

Neom launches the Line

NEOMのイノベーションハブ

NEOMのイノベーションハブには、水に特化したR&Dプロジェクト用途であり商業研究に焦点を置いたセンターオブエクセレンスが格納されます。現在、当社では、再生可能なエネルギーを活用した海水の先進的淡水化、排出ゼロ、再利用水の再使用に焦点を置いています。長期的関心事項としては、先進水リサイクル処理、塩水加工、スマートセンサーやスマート水使用、工業需要低減工程、雨水の採取があります。

永続的な水配送パイプラインとポンプ場の建設

水配送パイプラインとポンプ場を使用することで、水は沿岸の淡水化工場(現在および今後)から、沿岸、砂漠、山地などのNEOMの異なる地域に配送できます。常設の炭素鋼管パイプは、その大半が排水路に組み込まれます。ポンプ場は多数のルートを備え、海抜2,400mから水を汲み上げます。供給サービスの増設も必要となります。

飲用貯水プロジェクト

前へ

飲用貯水プロジェクト

飲用貯水プロジェクト
廃水工場

次へ

廃水工場

廃水工場

ニュースと更新情報を入手する

新しい未来がどのように作られているかを知るには最新ニュースに登録してください。