資源回収

これまでよりも賢明な廃棄物管理のための循環型経済

NEOMのビジョンの一環として、環境型持続可能性と賢明な資源活用は最前部に位置します。NEOMはすべての分野においてすべての廃棄物が価値ある資源として利用される循環型経済モデルの育成を目指しています。従来の廃水処理からの主要な「廃棄物」は、生物固形物または汚物です。これは、栄養物豊富な高密度の有機材料としての主要資源でもあり、栄養物やエネルギー回収の可能性を有しています。NEOMの廃水事業は、水再利用および回収工場(Water Recycling and Recovery Plants、WRRP)を通じ、土壌応用とエネルギーニュートラルプロセスの地域ニーズを活用することに大きな焦点を置いて、生物固形物管理の成功事例を基礎から実行することを目標としているものです。
嫌気性汚泥消化法
バイオガスの確保、品質向上と電力変換
高品質肥料で栄養物加工・回収

Neom launches the Line

NEOMのイノベーションハブ

NEOMのイノベーションハブには、水に特化したR&Dプロジェクトのための応用、および商業研究に注視したセンターオブエクセレンスが格納されます。現在、当社では、再生可能なエネルギーを活用した海水の先進的淡水化、排出ゼロ、再利用水の再使用に焦点を置いています。長期的関心事項としては、先進水リサイクル処理、塩水加工、スマートセンサーやスマート水使用、工業需要低減工程、雨水の採取があります。

WRRPへの入札公示

WRRPのデザインビルド、運営および維持パッケージが多数、または単独ルートのために2021年第1四半期から2025年まで、事前に選定された入札者から入札公示されます。

廃水工場

前へ

廃水工場

廃水工場
NEOMの海水淡水化工場

次へ

NEOMの海水淡水化工場

NEOMの海水淡水化工場

ニュースと更新情報を入手する

新しい未来がどのように作られているかを知るには最新ニュースに登録してください。